ヒアルロン酸とコラーゲンについて

LINEで送る
Pocket

美容成分として認知度の高いコラーゲンやヒアルロン酸は、関節痛や乾かす肌にいいとされています。

コラーゲンやヒアルロン酸を摂取すると、どのような影響があるのでしょう。

ヒアルロン酸は、皮膚や関節、目など体の数々のところにあるゼリー状の物質です。

大いに柔らかく、保水力が強いのがトレードマークです。

関節にいるヒアルロン酸は潤滑油として性能していますし、皮膚のみずみずしさを維持します。

ヒアルロン酸は、生まれた時が一番多く後は次第に減り続けていきます。

年を取ると皮膚がカサカサになり、弾力がなくなってたるみやしわが増えるのは、加齢によってヒアルロン酸が減っているためです。

コラーゲンはたんぱく質の一種で、体内のたんぱく質の約3割を占めています。

真皮や軟骨、靱帯、骨に多く影響している成分です。

コラーゲンは繊維状の硬たんぱく質で、弾力と強度があります。

体内の細胞をつなぎ止める働きがあり、細胞や各臓器に影響しています。

コラーゲンも、ヒアルロン酸同じく、加齢によってどんどん減少していってしまうものです。

それだけでなく、体内に影響するコラーゲンも年と共に経年劣化してしまうといいます。

時の経ったコラーゲンがなくならないと新たなコラーゲンはできてきませんので、肌は弾力性を失って代謝も悪くなってしまいます。

ヒアルロン酸とコラーゲンと言うのは、肌や関節、靭帯などにかなり肝心な成分なのです。